イベント
その他
告知

平成 23 年度「(S-F-02)多階層地球変動科学実習 II」開講通知

 

 

 

 

 

1.日時:2011 年 8 月 29 日(月)~9 月 1 日(金)<2 泊 3 日(信楽)+1 日(宇治)>

2.場所:京都大学生存圏研究所 信楽 MU 観測所および宇治キャンパス

3.担当教員等:津田敏隆、塩谷雅人、橋口浩之、高橋けんし、古本淳一、佐藤一敏、矢吹正教

4.実習内容:

信楽 MU 観測所では、直径 103m の巨大なアンテナを有する世界最高性能かつアジア域最大の 大気観測レーダーである MU レーダーを中心として、大気観測の実験場として日々研究が行わ れています。本実習では、さまざまな大気の観測手法について、その測定原理を理解するとと もに、それらの観測装置を実際に利用することを通して、地球大気の変動現象をどのように捉 えることができるのかを体験することを目的としています。具体的には、レーダー・ライダー などによる大気状態の地上からの遠隔観測、温度、湿度、風向・風速などのその場での観測、 さらには GPS などを用いた衛星観測などについて実習してもらう予定です。宿泊施設完備の信 楽 MU 観測所で、最先端の大気研究を体感して下さい。

 

 

5.実習日程(予定):

 

8 月 29 日(月)

13:00

宇治キャンパス総合研究実験棟セミナー室 HW525 に集合

 

開講、オリエンテーション、ゾンデ観測原理説明

 

信楽へ移動

16:00~

信楽 MU 観測所見学 ゾンデ観測(1 回目)

夜間

ライダー原理説明/観測

8 月 30 日(火)

午前

MU レーダー・境界層レーダー原理説明 地上気象観測・GPS 観測 原理説明/観測

午後

大気質観測 原理説明/観測

8 月 31 日(水)

全日

宇治へ移動 データ解析演習

9 月 1 日(木)

午前

自由討論/発表会

午後

解散

 

 

6.宿泊場所:京都大学生存圏研究所 信楽 MU 観測所

〒529-1812   滋賀県甲賀市信楽町神山 Tel: 0748-82-3211 Fax: 0748-82-3217 http://www.rish.kyoto-u.ac.jp/~mu/index.html


 

 

7.参加費用:宿泊費・食費は実費(5000 円程度)、宇治キャンパスよりバス送迎。

 

 

8.特記事項:

※テキストは当日配布します。参考書についてはテキスト中の文献を参照してください。

※データ解析の実習で使用しますので、ノートパソコンを持っている人は持参してください。

(持っていない方には当日お貸しします。)

※学生教育研究災害傷害保険または学生総合共済に加入していることが参加条件となります。

 

 

9.本実習に関する問い合わせ先・参加申込先

学際融合教育研究推進センター 極端気象適応社会教育ユニット       佐藤 一敏

Tel: 0774-38-3825         E-mail: sugar@rish.kyoto-u.ac.jp

※参加申し込みの場合は、氏名・所属・学籍番号をメールで送ってください。

※参加〆切は 7 月 29 日(金)としますが、宿泊施設の関係上、参加希望多数の場合には、人 数を調整する場合があります。(先着順とします)

 

 

 

▲ページの先頭へ