イベント
講演・特別講義
報告

 

グローバルCOEプログラム「極端気象と適応社会の生存科学」GCOE-ARS 及び博士課程教育リーディングプログラム「グローバル生存学大学院連携プログラム」GSS 共同開催

 

日時:

平成24年(2012年)3月22日(木)14:00〜17:30

 

場所:

京都大学医学部 芝蘭会館 山内ホール

〒606-8302 京都市左京区吉田牛ノ宮町11-1

TEL:075-753-9336

http://www.med.kyoto-u.ac.jp/siran/kotsu.htm

 

目的:

京都大学が実施しているグローバルCOEプログラム「極端気象と適応社会の生存科学」及び博士課程教育リーディングプログラム「グローバル生存学大学院連携プログラム」におけるグローバル人材育成の趣旨を公知するとともに、グローバル人材を求める諸機関・企業等と、国際的な舞台での活躍を望む学生、人材育成に携わる教員・職員の情報交換の場として、産官学連携・国際連携の大学院人材育成プログラムの進むべき方向性を探る。

:::ポスターはこちらからダウンロード:::

:::フォトアルバムはここをクリック:::

:::各講演の資料は講演者名をクリックし、ダウンロードして下さい。:::

 

次第:

司会
余田 成男
1. 京都大学の二つの人材育成プログラムの紹介
14:00  京都大学防災研究所 寶   馨
2. グローバル人材に求めること---各界からのメッセージ
14:20  世界気象機関(WMO) 諏訪  理
14:40  気象庁大阪管区気象台(JMA) 須田 一人
15:00  水災害リスクマネジメント国際センター(UNESCO-ICHARM) 佐山 敬洋
15:20  <休憩>
15:30  (株)建設技術研究所(CTI) 鏑木 孝治
15:50  (株)東京建設コンサルタント(TOKEN) 古田口正志
16:10  国際農林水産業研究センター(JIRCAS) 小山  修
16:30  国際協力機構(JICA) 大井 英臣
3. ディスカッション
16:50-17:30  学生・教員らとの対話 全 員

 

*本セミナーは、グローバル人材を目指す学生諸君、グローバル人材の育成に携わっている教員・職員の方々を対象に行われました。

 

京都大学 学際融合教育研究推進センター
極端気象適応社会教育ユニット(GCOE-ARS)
グローバル生存学大学院連携ユニット(GSS)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲ページの先頭へ